口コミで評判!ペニス増大サプリを比較!

ペニス増大トレーニングの方法

ペニス増大トレーニング方法をするにはまず、勃起のメカニズムを理解しておくと良いでしょう。勃起とは意外と複雑で神経や血流が正常に働くことが条件です。陰茎とは左右一対の海綿体がはいっており、細い糸状の毛細血管の集合体です。ここへ血液が流れ込み血液の圧力で海綿体が硬くなり勃起と呼ばれる状態になります。性的刺激が脳の中枢神経を刺激し興奮状態になり、これが脊髄神経に伝わります。ここから陰茎に情報が行き体内で一酸化窒素が放出されて陰茎へ血液を流し込むサインとなります。ペニス増大トレーニングとは、筋肉トレーニングとは少々違います。大まかにいうと、筋肉トレーニングの場合は筋肉に負荷をかけ、筋肉組織を破壊します。それを分泌された成長ホルモンからアミノ酸に修復させて以前よりも強く大きな筋肉へと作りなおす作業の繰り返しです。ですが、血管は破壊したりしても大きくなったりはしませんし、むしろ大けがになってしまいます。このトレーニングは自前の毛細血管の隅々までいかに多くの血液を流し込み、ゴム状の血管を広げることができるかにかかってきているのです。血管に多くの血液が流れ込みパンパンになると耐えきれなくなるのを避けるため、拡張しようとする働きがあります。多くの男性はご自分の限界まで血液を流し込んで最大の大きさや太さを発揮できていないようです。まず毎日かかさず勃起させることです。できるだけ長い時間その状態を維持して、海綿体に血液を流し込み続けます。毎日これを繰り返していくうちに海綿体の血管も必要に応じて必要とされる大きさまで拡張し隅々まで血液が流れ込みやすくなります。これを繰り返しご自分の海綿体の限界まで血液が流し込めるようになった時、最大の大きさ太さに至るというものです。そのためには精力も必要ですので健康に気を付けることも大切です。精力とはホルモン分泌なので体の基礎機能そのものです。ストレスも血流を悪くする一因です。ストレスの多い生活を送っている方にEDが多いのはそのせいです。今やストレスのない人はいないような社会ですので、自分なりのストレス発散方法を会得しておいてください。また、一度性行為がうまくいかなかったりしてトラウマになってしまうと勃起しづらくなりますので、リラックスしてペニス増大トレーニングを積んでください。そのほかにも出来る事はたくさんあります。なるべく体を冷やさないようにし代謝をよくすることを心がけます。血液がどろどろでは細い毛細管まで行き届きません。そのためには血液をサラサラに保つ必要があります。油っぽいものや糖分の過剰摂取はさけ、お酒もほどほどがいいでしょう。タバコは血流を悪くするのでできれば禁煙してください。玉ねぎやニンニク、ねぎやにらなど硫化アリルという成分が多く含まれる食品を取る事もおすすめです。これはいわゆる血液サラサラ物質ですので積極的に食べましょう。精子不足ではいけませんので亜鉛を多く含む食品をとると良質な精子が作られます。サプリメントでもいいですが、その他にも牡蠣や豚レバーほやや牛肉なども良質なたんぱく質も一緒に摂取できます。亜鉛は精子を作るラストステロンの生成量を増やしてくれます。運動も大切ですが、サイクリングはあまりおすすめできません。小さいサドルに座り続けるため血液循環が良くなくなることがあるのです。趣味程度で1時間くらいの軽いサイクリングでしたら問題ありませんがほどほどにしましょう。おすすめなのはスクワットです。下半身の血流が良くなります。精力不足が気になる場合はサプリメントの力を借りるのも良いでしょう。健康な生活を送りながら、毎日欠かさずペニス増大トレーニングを行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です