口コミで評判!ペニス増大サプリを比較!

クリニックで行われるペニス増大術とは

ペニスが小さいことがコンプレックスで、悩みがあまりにも深く日常生活にも影響が出ているような人に対して、クリニックにおいて増大させることを目指す施術が実施されています。セックスの時にパートナーに小さいと感じさせてしまうのは主に亀頭の小ささであり、多くのクリニックでも取り扱っているのは亀頭増大の施術です。ペニス増大術は男性に対応している美容外科、形成外科などで施術を受けることができます。

あまり体に負担がなく行うことができるのは、ヒアルロン酸を注入する方法です。形を整えやすく、サイズもコントロールがしやすい特徴があります。ヒアルロン酸は美容外科などの分野で広く用いられてきた注入成分で、もともと人の体にも存在していますから、多くの人はヒアルロン酸に対して副作用が出ることはほとんどありません。ヒアルロン酸は水分を集める性質があるため、注入したばかりの時よりも後から若干膨張します。そのことも考慮してデザインをしっかり行って注入してくれる医師にお願いすることができれば、失敗するリスクが低減できます。ヒアルロン酸はある程度時間がたつと分解吸収されるため、施術後数か月経つとだんだん元のサイズに戻っていきますので、サイズの維持をしたいなら医師と相談して定期的に注入を行う必要があります。

ヒアルロン酸よりも長持ちさせることができる注入成分は、コラーゲンです。こちらも長きにわたり人の体に使われてきている成分であり人の体内にも存在しているので、多くの人は安心して注入を受けることが可能です。コラーゲンはヒアルロン酸と違って完全に吸収されて無くなることは少なく、最低でも50%程度は残ります。しかし、注入当初よりはやはり小さくなるため、満足できないサイズになってしまったなら再施術を受けたほうが良いでしょう。

クリニックによっては合成成分を利用して注入を行う場合があり、ほとんど吸収されず長くサイズを維持することができるため人気が出てきていますが、体質により合わない場合があるため注意が必要です。もしサイズやデザインが気に入らず、除去が必要になった場合は切開して取り出さなければならなくなるため、リスクが高い注入物です。どうしても合成成分による注入をしてほしいのであれば、技術が高い医師に執刀してもらうことが大切なので、よくクリニックを比較しましょう。

ペニスに注入する際専用の注射針を刺すことになりますので、その傷は痛みを感じる可能性があります。施術の時は麻酔が使われるので痛みはありませんが、麻酔が切れてから若干痛みを感じる人もいるでしょう。入院の必要はなく、当日からシャワーを利用することも可能です。患部の傷が治るまでは清潔な状態にする必要があるため、性行為などは避けなければなりません。

亀頭増大だけでは満足できないという人は、陰茎増大治療を受けることが可能です。亀頭部分より注入部位が安定しにくくほかの場所に注入成分が流れてしまう可能性があるため、取り扱っていないクリニックもあるので確認しましょう。

包茎手術と合わせてペニス増大術を受ける人は、成分を注入するより包茎手術で切除した皮下組織を入れて増大させる術式を選ぶとよいでしょう。一度に両方行えるので体の負担が小さく、傷跡も小さくて済みます。自分の皮下組織を使えば拒否反応が出る心配もなく、馴染めば異物感もなくなり手術で増大したとはわからないクオリティを保てるメリットがあります。

どの方法で施術を受けるか、きちんと医師と話し合って決めることが大事で、しっかり希望を伝えずにペニス増大術を受けると後悔する人が多いです。満足できるようにしたいなら、施術前にとことん話し合っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です