口コミで評判!ペニス増大サプリを比較!

ペニス増大サプリに含まれている成分の種類

さまざまなぺニス増大サプリメント発売されていますが、実際のところどれがどのくらい効果があるのかなどは、やはり実際に使ってみないとわからない部分も多いですし、サプリメントとの相性もありますので、自分に合ったサプリメントを探すことが重要です。その成分に関しても、少数の成分を厳選して含有量を増やして配合しているタイプもあれば、成分の種類をできるだけ多く含んでいるタイプなどもありますので、まずはそういった性質とともにどのような成分を配合しているかをチェックしてみることが必要でしょう。

ぺニス増大サプリメントに配合されている成分には、製造会社独自の成分を配合しているところもありますが、一般的には有効成分の代表的なものはある程度決まっています。そのひとつとして、「アルギニン」がありますが、これはアミノ酸の一種で、ほとんどの増大サプリメントに量の差こそあれ含まれているといってもよいかもしれません。

そもそもペニスが勃起するのは海綿体といわれる部分に血液が入り込むことで起こる現象ですので、この血液の量が多いほど増大そのものは期待できます。このアルギニンは、一酸化炭素を生成することができますが、この一酸化炭素は身体の中で血管を広げる働きを持っていますので、血流を改善してくれることになり、その結果、勃起したときの血流の量が増してより増大できることになります。さらにアルギニンは、成長ホルモンや男性ホルモン分泌などに大きく影響しますので、そういう点でもとても有効な成分であるといえます。

次に大切な成分としては「シトルリン」がありますが、これもアミノ酸のひとつでもともとはスイカから発見されたといわれてます。こちらも血管や血流を改善してくれる働きを持っており、一般的には動脈硬化などの改善に利用されてます。基本的に人は年を取るにつれて血管も老化していきますので、本来も弾力性を失っていくことが多いですが、シトルリンはこの弾力性を保つ働きがありますので、血管の状態を整えてくれることによって、血流を促してくれることになります。またアルギニンと同じく一酸化炭素の生成もおこないますので、結果として血管を広げ血流を促してくれますし、アルギニンとの相乗効果も期待できる成分です。

さらによく含まれている成分としては「亜鉛」がありますが、これは性的効果として非常によく知られた成分で、男性ホルモンであるテストステロンの生成を促してくれますので、精子の量を増やす働きがあります。そのためぺニス増大サプリメントには欠かせない成分であるといえるでしょう。最後に含有量が多い成分としては植物系成分として「マカ」がありますが、栄養ドリンクの成分としてもよく耳にすることも多いですが、これは南米に生息している植物で、昔からその豊富な栄養成分により滋養強壮効果を期待して摂取されてきました。これらが一般的なぺニス増大サプリメントにほとんど配合されている基本的な成分ともいえますしそれぞれに有効な効能や効果がありますので、相互に働くことで、その有効性を高めています。

これ以外の有効な成分には、トンカットアリやすっぽん、マムシ、トナカイの角など、昔から精力成分としてよくしられたものが多数含まれていることが多いです。それらを製造会社独自の配合などでより効果が出るように含有させていますし、ポリフェノールなど他にはない成分を加えることで独自性を高めているぺニス増大サプリメントなども少なくありません。ですので、ぺニス増大サプリメントを購入する場合には配合成分にも十分考慮して、口コミなども参考にしつつ量を守り正しく摂取していくことが重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です